女性が稼げる資格と資格難易度ランキング~通信講座で資格取得

近年女性の社会進出、活躍ぶりは男性社会と思われていた分野にまで広がっています。

それにともない、仕事のスキルアップ、収入アップ、また転職のためにと
稼ぐための資格を取得するために学ぶ女性が増えています。

女性が稼げる人気資格ランキング
社会保険労務士 約956万円
公認会計士・税理士 約659万円
一級建築士 約509万円
看護師 約475万円
薬剤師 約473万円
理学療法士・作業療法士 約391万円
栄養士 約345万円
保育士 約320万円

資格は一度取得すると、一生役立ちあなたを助けてくれます。
自分のなりたい将来像、明確な目標を立て、女性が稼ぐための資格取得を目指しましょう。

社会保険労務士

高需要で将来性あり:人事・労務のエキスパート資格「社会保険労務士」

社会保険労務士の仕事

社会保険労務士は、会社に勤める人たちが安心して働くための
健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金などの保険関係の手続き事務を行います。

実際には中小企業などの事業主から依頼を受け、依頼主に代わって保険に関する必要な書類作成や提出などを行うことが主な仕事です。

人事・労務関係のコンサルタントとして、就業規則や給与規定作成、労務管理、年金などの相談にのるという専門家としての一面もあります。


社会保険労務士になるためには

社会保険労務士の受験資格は、4年制大学で62単位以上を取得した人、短大、高専を卒業、また一部の専門学校卒業者(修業年限2年以上でかつ総授業時間数が1,700時間以上)、行政書士試験合格など行政書士となる資格保有者などいずれかの条件を満たした人となっています。

試験科目には、労働法令、社会保険法令、労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識があり、毎年8月第4日曜日に午前80分、完全マークシート方式で受験します。
社会保険労務士の受験資格
4年制大学で62単位以上取得
もしくは
短大や高専、一部の専門学校卒業者
  労働・社会保険関係の業務に
3年以上従事


社会保険労務士試験を受験し、合格
労働・社会保険諸方令の事務に2年以上従事


企業の労務管理などの部署で仕事
独立開業


社会保険労務士はどんな資格

「社労士」や「労務士」とも呼ばれる社会保険労務士は、労働関連法令に基づく申請書等の作成代行等を職業として行うために必要な資格です。

社会保険労務士の業務に関わる法令は40種類以上もあり、提出書類や申請手続きは法令に従って行います。

細かな作業を、的確な処理で期日厳守し進めていく仕事ですので、難関資格ではありますが、仕事内容を考えると、コツコツ型の女性に向いていると言えます。
また保険や年金相談を行うコンサルティング業務も仕事のひとつであることから協調性のある明るい女性にもふさわしい資格です。


社会保険労務士になると

企業での社会保険労務士として、労働・社会保険に関する書類作成や提出などの事務や人事労務管理の所属する企業での専門家として働くことができます。

また独立開業して、個人や中小企業などの事業主からの委託を受けて社会保険労務士として活躍することができます。

労働や社会保険に関する手続きは、専門知識を要するため大半の中小企業では「社会保険労務士」として活躍している専門家頼りになっているのが現状です。需要が多くあるのに、人手が足りない、将来性のある仕事といえます。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0